スタッフ ブログ

消費税が10%になると2

昨日、消費税が8%から10%になると住宅購入時には、どれくらいの負担増が考えられるかを書きました。

豊洋 大石です。

今回は、逆に、増税後がお得になる話です。

1 住まいの給付金制度の拡充。

消費税が10%になった後で家を購入した方が給付金額が増える場合があります。

特に年収425万円以上の方は30万円から40万円ぐらい給付金額が増える方もいらっしゃいます。

2 住宅資金贈与の非課税措置の拡充。

家を買うために、両親から援助資金をもらう場合の事ですね。

現在は、通常の住宅を購入する場合は700万円まで、良質な住宅を購入する場合は1200万円までとされている非課税枠ですが、

消費税が10%となると、それぞれ通常の住宅は2500万円まで、良質な住宅は3000万円までと引き上げられます。

ご両親から、相当額の資金援助がある方には頭に入れておきたい制度ですね。

購入する建物価格やご自身の年収やご両親などの援助金額など色々考えてみましょう。

例えば、一定額以上の年収がある。住宅購入価格は抑えたい方。一定額以上の住宅取得資金を両親から援助される方。

は、ただ、ただ、かけ込み購入が良いわけではないかもしれませんね。

詳しくは、ご相談ください。