スタッフ ブログ

❏ 上手に活用!!補助金制度のご紹介 ❏

こんにちは 営業の大石です。

新築住宅の取得時は、一定の条件を満たすと補助金を受け取れることをご存知ですか?

住宅購入には何かと出費がかさむため、受けられる制度があれば最大限活用したいものです。

そこで今回は、住宅の新築をする方が使える補助金などの優遇制度についてお伝えします。

 

 

「グリーン住宅ポイント」「すまい給付金」についてです。

 

上記2つの制度は、増改築やリフォームをご検討の方にも適応されますが、今回は住宅の新築をする方についてお伝えします。

新築をされる方の多くの方は優遇制度の対象になります。

 

住宅の新築をする場合の”グリーン住宅ポイント制度”

1、ポイントがもらえる期間について

  • 工事請負契約の締結期間は2020年12月15日~2021年10月31日の契約が対象となります。
  • ポイント発行申請期限は2021年10月31日までです。

*ポイント発行申請が一定数に達した場合は、期間内でもポイント発行申請が締め切られる場合がります。

  • 工事完了報告期限は2022年4月30日までです。

*住宅が完成し引き渡しを受けた後に工事完了報告が可能となります。

2022年4月30日より前に新築工事が完了し入居が終わっていることが必要になります。

2、グリーン住宅ポイントの対象となる新築住宅について

基本的に、弊社が施工する新築住宅はすべて該当します。

3、ポイント発行数

30万ポイントから100万ポイントまで。

*ポイントは現金には換算はできないですが、1ポイントが1円と考えると、100万ポイントを取得できる方は100万円の価値を受け取る事ができると考えることができます。

https://greenpt.mlit.go.jp/ →2021 グリーン住宅ポイント事務局

 

住宅の新築をする場合の”すまい給付金”

1、すまい給付金がもらえる期間について

①対象となる工事請負契約の締結期間は、令和2年10月1日から令和3年9月30日までの期間です。

②令和4年12月31日までに住宅の引き渡しを受けて入居する事が必要です。

2、支給対象となる年収の要件(消費税10%での住宅取得の場合)

*収入が少ないほど、給付金が多く支給される事になっています。

*年収の上限も設けられています。

年収450万円以下では50万円の給付額

年収450万円超~525万円以下では40万円の給付額

年収525万円超~600万円以下では30万円の給付額

年収600万円超~675万円以下では20万円の給付額

年収675万円超~775万円以下では10万円の給付額

*上記の収入額はあくまでも目安になります。

 正確には都道府県民税の所得割額を基準に給付基礎額が決まります。

*但し住宅ローンの利用がない場合の年収等の要件は上記と異なりますのでご注意ください。

3、支給となる対象住宅の要件

主な住宅の要件は床面積が40㎡以上ある事です。

 

 

補助金によっては、年度ごとに給付額や応募要件が変更になるものもあります。

また、新型コロナウイルスの状況次第では、新しい制度が創設されたり、申請期限や給付要件が変更されたりするかもしれません。

最新の情報を確認し、制度の詳細をしっかりと把握しておくことが大切です。

補助金や減税制度などについてのご相談も、豊洋までお気軽にお問合せください。

 

松江市で注文住宅・新築は豊洋におまかせください!!