スタッフ ブログ

❏ いい土地の選び方 ❏

こんにちは

豊洋の佐藤です。

今回はいい土地を選ぶポイントをご紹介します。

いい土地を選ぶポイントは様々な要素があります。 でも、人によって「いい土地」の基準は異なります。

今回はあくまでも一般論として「いい土地」を選ぶポイントをいくつかご紹介していきます。

①土地の方角

 

土地の方角を見るだけでも、いい土地かどうかを判断することができます。

例えば以下のようなポイントがあります。

 

◆道路が南側に面している土地

道路が南側に面していると一般的に日当たりがよく、人気も高いです。

もし、将来的に売却する予定がある場合でも、値崩れしにくい傾向にあります。

その反面、日当たりのいい南側にリビングを設置する場合、プライバシーの確保には注意が必要です。

 

◆道路が北側に面している土地

人気のある南面道路の土地よりも価格が安い傾向にあります。

道路からの視線が庭などに入りにくいため、プライバシーを確保しやすいです。

ですが、南側道路よりも日差しを確保しにくいです。

 

◆旗竿地の土地

道路に面していない分、車による騒音が少ないですが、

周囲を建物に囲まれている場合は、日当たりや風通しが悪い傾向にあります。

 

②土地の形状

土地の形状はできるだけ成形地といわれる正方形や長方形の土地がおすすめです。

三角形などの土地は、家を建てたときに無駄なスペース(デッドスペース)ができやすいため

あまりおすすめできません。

 

 

③日当たりや風通しの良さ

日当たりや風通しの良さもいい土地の条件の一つです。

これまでご紹介した形状や方角の中では「道路が南側に面している土地」が日当たりがいい傾向にあります。

風通しに関しては、周囲の建物や、家の建て方によって異なるため、現地で確認が必要です。

 

④交通の便の良さ

松江では車で移動する方が中心だと思いますので、駅に近いかどうかはあまり考えなくてもいいでしょう。

小学生のお子様がいらっしゃるご家庭では「学校に近いかどうか」も重要なポイントになりそうです。

また、奥様にとってはスーパーなどの商業施設や、病院が近くにあるかどうかもチェック項目になるかと思います。

ご家庭ごとの生活スタイルに合っている土地を見つけることが重要です。

 

⑤地盤の強さ

地盤の強さもいい土地の条件ですが、松江市内は比較的、地盤が弱いケースが多くあります。

地盤が弱い土地であっても、「地盤補強工事」を行えば問題なく家を建てることができます。

ただし、「地盤補強工事」を行うためには、追加費用が掛かります。

 

・・など、土地選びには様々なポイントがあります。

安い土地=いい土地とは限りません。安い土地というのは必ず理由があります。

安い土地の理由を確認して、納得がいけば購入するようにしてください。

買った後で後悔なんてこともありますので。

 

しかし、「いい土地」の条件は人それぞれ異なります。

例えば小学生のお子様がいるご家庭では「学校に近い」が条件の一つになると思います。

このように、その土地が「いい土地」かどうかはお客様の事情や生活スタイルなどで変わるというのが大前提にあります。

 

豊洋ではお客様にとっての「いい土地」に「いい家を建てる」お手伝いをさせて頂いています。

人気の乃木小校区に誕生する22区画の『アバンシティ樹』や建売住宅など不動産情報に掲載しています!!

 

 

「いい土地」に「いい家」を建てたいと思っている方はぜひ、お気軽にご相談ください。

 

松江市で注文住宅・新築はおまかせください!!