スタッフ ブログ

❏ 家事が楽になる動線 ~洗濯編~ ❏

こんにちは!営業の岸です。

 

皆さん、動線意識した家づくりをすれば、家事がぐんと楽になる事をご存じですか?

毎日休みなく家事を行っている奥様には、かなり大事なことだと思います。

 

家事の動線が楽になるポイントはたくさんありますが、今回は洗濯の動線について紹介して行こうと思います。

これまでの洗濯動線といえば

洗う ⇒ 1階の洗濯機

干す・とりこむ ⇒ 2階のバルコニー等

畳む ⇒ 寝室や和室

収納 ⇒ 各部屋のクローゼット

という流れが一番多いのではなかったでしょうか?

 

洗濯機から物干しまで濡れた洗濯物が入った重いかごを持って2階まで階段を往復したり、

洗濯物を畳んで各部屋のクローゼットにしまうまで、家中を移動している感じです。

とても手間で無駄な動きだと個人的には思います(;O;)

 

洗濯を時短するためには「移動距離をいかに短くするか」がポイントになります!

1ヶ所にまとめるのが難しくても、なるべく洗う場所・干す場所・しまう場所は近く、動線は短く、を目指しましょう。

家が建ってしまってから改善するのは難しいので、マイホームの設計段階で考えておくのがベストです。

 

①洗う⇒干すを近く

まず、洗濯物を干すことに関しては1階の洗面脱衣室で完結します!

洗面脱衣室はすぐそばにUBがあり、今はUBに暖房乾燥機の機能が付いているので、

洗面脱衣室で干しても簡単に洗濯物を乾かすことができます!

屋内なので、天気だけでなく、花粉や黄砂なども気にせず洗濯物を干すことができるのも嬉しいですね。

 

②とりこむ⇒畳むを近く

「とりこんだ洗濯物が山になっている…」と悩んでいる方も多いはず。

リビングや和室で畳むという方は、リビングの近くに家事室など一時置きできる場所を設けるのもひとつの手です。

洗面脱衣室で洗濯物を干す場合は、そのまま一気に畳んでしまうのも楽です。

その場合、洗濯物を仕分けたり畳んだりする作業台スペースがあると便利です。

バルコニーで洗濯物を干すというご家庭は、クローゼット内に作業スペースを設置すればそのまま収納することもできます。

 

③畳む⇒収納を近く

最近では1階に家族で使えるファミリークローゼットを設置するご家庭も増えてきました。

ある程度1階の間取り的に広さが必要にはなってくるのですがこのファミリークローゼットに主な衣類が集約されれば、

収納が一カ所になるので家事効率が一気に高まります。

そのあとは必要な衣類だけ各々の部屋に持って上がってもらえば良いだけですからね!

 

動線を考えて新築をする場合、一番効率の良い動線を確保できるのは自由設計の家ですが、どうしてもコストと時間がかかってしまいます。

「家事を楽にする動線の家を建てたいけどコストはおさえたい・・」とい方にオススメなのが豊洋オリジナルの規格住宅『U-topiaNEO』です!

すぐに暮らせる充実設備が装備されていながら、オリジナルの規格住宅なので間取りの柔軟なカスタマイズが可能です。

『U-topiaNEO』について詳しくはコチラをご覧ください!

 

また、今なら実際の『U-topiaNEO』を見学することもできます。

家族の健康を守る家 完成見学会 チラシ

ウイルス対策を施した『U-topiaNEO』~家族の健康を守る家~の見学はコチラからご予約ください(^^♪

 

まあこんな感じで次回も他にもよくある楽な家事動線についてのお話を

お伝えしていこうと思います!

 

松江市で注文住宅・新築は豊洋におまかせください!!