スタッフ ブログ

❏ 「しまね長寿・子育て安心住宅リフォーム助成事業」でお得にリフォーム! ❏

住宅のリフォームやリノベーションを行う際には、補助金制度をぜひとも活用したいところです。

でも「今検討している工事は補助対象になる?」「受け取れる金額はどれくらい?」など、気になる点が多くありますよね。

そこで今回は、

しまね長寿・子育て安心住宅リフォーム助成事業by島根県【新型コロナウイルス感染症対策追加分】

について紹介したいと思います。

 

「しまね長寿・子育て安心住宅リフォーム助成事業」は、安心で安全な子育て環境の整備や、高齢者等が安心で快適に暮らせるようバリアフリー化するための住宅リフォームを助成するための事業です。

令和3年度の補助金は6月中旬までに予算額に達したため補助金の申し込み受付が打ち切られましたが、新型コロナ感染予防対策を併せた改修工事に対して追加で補助金が交付されることとなりました。

現在でも補助金は交付されています。

 

詳しい条件は、島根県のホームページ等で詳細を確認する必要がありますが、ポイントとなる項目は次のようになります。

1補助金を受け取る事ができる条件

◆工事内容の条件として、新型コロナウイルス感染防止に対応した工事を実施すること。

 例:床材・壁材に抗ウイルス仕様の材料を使用

   すぐに手洗いができるよう玄関に手洗い器を設置

◆子育てに配慮した改修工事若しくはバリアフリー改修工事を併せて行う事。

 例:子供の転落を防止する手すりを設置

   高齢者等が移動しやすいよう、玄関ポーチにスロープを設置

 

2補助金対象者の条件

◆60歳以上の方若しくは身体障害のある方が同居する住まい。

◆18歳未満の子供がいる世帯または妊娠中の方がいる世帯若しくは子育て世帯を含む、親・子・孫が5km以内に住んでいる世帯。

 ↑↑↑近居であれば、お孫さんが遊びに来る祖父母の家も対象となります(^^♪

 

3補助金額の条件

◆コロナ対応工事に加えて、子育てに配慮した工事又はバリアフリー改修工事額の1/3に当たる金額が補助金としてもらえますが、最大で30万円までとなります。

 例えば対象工事が90万円だと満額の30万円の支給となります。

 

4追加助成額

◆子育て世帯とその親世帯が同居する場合は基本助成額+10万円。

◆空き家バンク登録住宅を購入して改修する場合は+10万円

◆一定の耐震改修を行う場合は+30万円

 

検討中のリフォームが助成金の対象になるのか、また助成金の申請方法など、豊洋のリフォーム専門「ハウスリプロ」までお気軽にご相談ください。

募集期間は令和4年2月15日までですが、予算がなくなり次第受付が終了されますので、なるべく早めの相談をオススメします

 

松江市で注文住宅・新築は豊洋におまかせください!!