素材にこだわった、
安心安全な自由設計の家

すべての家族の
笑顔のために

『U-topia』(ゆーとぴあ)は、どんなご家族にも重要になる「4つの基本コンセプト」をベースに、ご家族ごとに最適なプランニングで実現する、完全自由設計の注文住宅です。

『U-topia』(ゆーとぴあ)は、どんなご家族にも重要になる「4つの基本コンセプト」をベースに、ご家族ごとに最適なプランニングで実現する、完全自由設計の注文住宅です。

『U-topia』 4つの基本コンセプト

01家族の絆が深まる

ご家族のコミュニケーションが自然に深まる工夫を随所にちりばめ、暮らしの中でご家族の絆が深まる住まいづくりを実現します。

リビングを中心とした生活動線

自然とご家族のコミュニケーションが生まれる、リビングを中心に設計した間取り。

家族みんなでのんびり出来るバルコニー

昼は誰からも邪魔されずにのんびりリラクゼーション、そして夜は皆で天体観測をしながら家族の会話がはずみます。

02子供が健やかに育つ

間取りや造作の工夫をすることで、お子様の五感が育まれ、心が健全に育っていく、無理なく自然と遊べる工夫が施された家づくりです。

成長に合わせてリフォームしやすい部屋

はじめはオープンで顔の見える空間、やがては勉強とプライバシーを尊重するよう、お子様の成長とともにお部屋も進化させることが出来ます。

リビングにスタディスペース

リビングに勉強スペースを設けることで、コミュニケーションをとりながらの勉強により、暗記力や想像力アップにもつながると言われています。

03家事の負担を軽減する

洗濯、お掃除、料理など日々繰り返される家事の負担を軽減するだけでなく、楽しくなるような住まいづくりのアイディアが満載です。

家事動線の工夫と家事デスク

料理を作りながら洗濯やお子様の様子がわかるスムーズな動線。パソコンでさっとレシピの検索が出来る家事デスク。忙しい奥様の負担を軽減するアイディアです。

掃除しやすい床&壁

お子様の食べこぼしや落書きなどもすぐに落とせるような床や壁の素材を使うことで、お掃除の負担を大幅に軽減出来ます。

04収納がしやすい

収納機能を、家事の効率化だけでなく、すっきりきれいな住まい環境を保つ複合的なシステムとしてご提案してまいります。

いつでもスッキリ2way玄関

お客様用とご家族用を分けることにより、玄関がいつでもスッキリ。家族の荷物をたっぷり収納してもお客様を気持ちよくお迎えできます。

安全なウォークインクローゼット

寝室の隣にウォークインクローゼットを配置すれば、地震などの災害時に家具の転倒の危険性がなくなります。
寝室内に収納スペースをつくる場合も、組み合わせるタイプの収納パーツをセレクトして、安全ですっきりしたクローゼットを創ることができます。

2,000 棟を超える実績が裏付ける、蓄積された確かな技術。山陰の気候風土に合わせた、安心・安全の家づくりをお約束します。

豊洋の3つのこだわり

01住み心地のよい家を
カタチにする住まいづくり

1通気工法(木造軸組工法)

呼吸する住まい

木の特性や自然の空気循環を活かした、高性能な断熱&省エネ構造を採用。これによって「住みごこち」だけでなく、住まいの長寿命化を実現するとともに、断熱材や木材が「呼吸」することでより高い断熱性能を発揮します。

2次世代省エネ対応の断熱工法

すっぽり断熱
しっかり防湿&気密

『U-topia』(ゆうとぴあ)の断熱工法は、高性能なグラスウール断熱材と防湿気密性に優れた「防湿フィルム」を採用、次世代省エネに対応するシステムになっています。また、床の断熱材には水や水蒸気を排出しやすい高性能グラスウールを採用。高い断熱効果を生むと同時に、居住空間の快適性にも大きく貢献します。

3床下全周換気システム

足下からの快適と安心

湿気の多い山陰の気候風土を考えた時、床下空間の環境は重要なテーマです。『U-topia』(ゆうとぴあ)は基礎と土台の間に先進の「キソパッキング工法」を採用、床下に全周換気機能を持たせています。これによって、床下のジメジメ感を解消、居住空間の快適性を保持しながら、シロアリや腐食を防いでいます。

4遮熱・防水・透湿シート工法

屋根、壁のすべてを覆う

夏、屋根表面温度は60℃以上になり、屋根裏や室内の温度上昇の大きな要因になります。この温度上昇を防ぎ省エネ効果を発揮させるため、屋根の下地材に「遮熱ルーフィング」を採用、防水と遮熱機能をあわせ持つ屋根構造にしました。実験では従来の防水シートに比べ屋根裏で3.8℃の温度差を実証、建物居住部分のさらなる快適性を実現しています。『U-topia』(ゆうとぴあ)は、屋根だけでなく、外壁外周のすべてをこの「遮熱・防水・透湿シート」ですっぽりと覆います。

524時間全熱交換 換気システム

健康に、快適に

汚れた室内空気の排出と新鮮な外気の取入れを24時間連続して自動コントロール。しかも外気の温度と水分を調節、外部環境からの影響を極力抑えますので、住まいの省エネと健康・快適な暮らしに大きく貢献します。

風通しを良くしても、外気が汚れていることも少なくありません。フィルターにより粉塵・大気汚染などの汚れを除去したクリーンな外気を取り入れます。
家具や日用品から発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン・キシレン等)の化学物質の濃度を低減する働きがあり、シックハウス症候群の発症を防ぎます。
熱交換器は排気に含まれる熱エネルギーを給気側に移す働きをします。四季を通して外気の温度を緩和した空気を室内に取り入れる、心地よく省エネ効果の高い換気をします。
夏期は外気の湿分を排気側に移して除去し、冬期は室内排気の湿分を給気側に移して加湿します。温度の緩和と併せて湿度も快適な状態に保つ事ができ、結露やカビ・ダニの発生を抑制します。

6高断熱[Low-E]複層ガラス

+ 樹脂複合断熱アルミサッシ

窓の結露は、壁や床からのカビ・ダニを発生させる主原因。住まいの寿命や健康の大敵です。すべての窓に断熱&防露性に優れたアルミと樹脂の複合構造を標準装備、ハイレベルな断熱性を実現するとともに「暮しの大敵 結露」を防ぎます。

保温性能が大幅に向上、室内の快適温度をキープします。
太陽光による室内温度の上昇を抑え、内装材の劣化を防ぎます。
複層ガラスとの併用で屋外騒音を遮断し、快適な室内環境をつくります。
結露を抑え、カビ・ダニを防ぎ、住まいの耐久性もアップします。

02安全が持続する住まいづくり

1ハイブリッドビーム

硬と軟、絶妙の組み合わせが
構造体をより強固に

「U-topia」は、変形や狂いの少ない高耐久の集成材を主要構造材として採用しています。強度はもちろん、国産材の有効活用という視点から、最も負荷の大きい外層部には硬くてたわみにくい“ベイマツ”、負荷の小さい内層部には耐久性と弾力性が高い“国産スギ”を組み合わせた次世代集成材、それが「ハイブリッドビーム」です。「ハイブリッドビーム」はJAS認定取得製品で、(財)日本住宅・木材技術センター主催の第2回木材利用技術開発賞最高賞“林野庁長官賞”を受賞しています。

2LVL集成土台

めりこみに強い高性能集成材

「たわみ」や「割れ」を防ぎ、特に近年問題視され始めてきた土台への柱の『めりこみ』に威力を発揮。「優良木質建材等認定証(AQ認証)」を受け、「JAS(日本農林規格)」のすべての規定を高いレベルで合格している高性能集成土台です。

3高耐震性金物

最先端の細かな技術

構造体である柱や土台、梁などが受ける荷重は建物の形状や、耐力壁の配置、バランス等により異なります。現代の耐震設計には、つり合い良く配置された構造材・構造体のパワーを最大に発揮させるため、「高耐震性金物」の使用が求められています。「U-topia」では、確かな設計と緻密な計算により配置された構造体の適切な場所に「高耐震性金物」を施工しています。

基礎と柱脚の緊結、梁と横架材の緊結などに使用
水平力に対する補強金物
柱と筋交い(耐力壁)との接合部に用いられる
引っ張りを受ける柱と土台・横架材との接合に用いられる金物

4ベタ基礎

面で支える強固な基礎

住まいの耐震・耐久性を高めるカギは、家の荷重を地面全体にバランスよく分散させる基礎構造体を造ることにあります。「U-topia」は、基礎工法に「ベタ基礎」を標準採用。さらにベースコンクリートを厚さ150㎜、高さ500㎜に強化しています。また基礎鉄筋には「JIS規格認定品」を使用し、安全性を担保しています。

5強さにこだわる耐震構造体

軸組み工法+耐力面材ダイライト+剛床
[長期優良住宅対応]

「U-topia」は、地震の横揺れに強い耐力面材ダイライトを外周全面に施工することにより建物を面で支えます。さらに床面に剛床工法を施工することで「木造軸組工法」をよりグレードアップさせました。柱と壁、床で造る「箱形状」によって、地震に強靭な「木の家」を実現しています。

03安全・安心を保障する
住まいづくり

1火災に強い素材と構造

大切な家族を守り続ける

火災に対する防火対策も住まいの安全にとって重要な要素です。「U-topia」の外壁サイディングはほとんどが火熱を遮る時間が60分以上の耐火等級4(最高レベル)に適応。屋根材の石州瓦と相まって外部からの類焼に対し住まいと財産を守ります。
また内部からの出火に対しても耐火性に優れ、火災時に有毒ガスを発生させない部材(ハイクリンボード・高性能グラスウール断熱材・耐力面材ダイライトなど)を採用した気密性の高い構造体が火の回りを遅らせ避難の時間を確保。火災報知機との連携で家族の生命を火災から守っています。

2シックハウス対策

お子様の健やかな健康の為に

シックハウスの原因「VOC=揮発性有機化合物」に徹底対処。建材・素材のすべてに低ホルムアルデヒド製品を採用「住まいを安全・健康に」を実現しています。
また、ホルムアルデヒドを吸収・分解する「ハイクリンボード」を採用、家具などから発生する有害物質を吸着分解、人にやさしい住まいづくりを目指しています。

3ヘッダー配管という優れモノ

住まいの弱点「水廻り」に画期的システム導入

「U-topia」は、給湯、給水配管に「ヘッダー配管」をさらに進化させた「さや管ヘッダー配管」という給水システムを採用しています。給水管を「さや管」と呼ばれるパイプの中に設置する二重構造の「ヘッダー配管」工法と呼ばれ、裸配管に比べて管表面の結露が起こりにくく、給湯時には保温効果も得られる点やメンテナンスの際も、従来の様な壁や天井、床を壊す工事なしで、「さや管内の配管」だけを抜き出して交換することが出来ます。

4石州瓦で造る屋根

住まいを守る必須アイテム

「U-topia」は屋根材に島根を代表する地場産業「石州瓦」を採用しています。石州瓦は、陶器瓦の中では最高の1,200℃以上という焼成温度で生産されていますので、凍害に強く、昔から「割れない、水を透さない瓦」として使用されてきました。最近では塩害や酸性雨にも強く、断熱性にも優れた屋根材として評価されています。

5地耐力調査

安全は、はじめの一歩が肝心

安全で頑強な家づくりの第一歩が、敷地ごとに実施される地盤調査。地盤の硬軟、締まり具合、土層の状況など細かなデータをとり、地盤に合わせた基礎設計をします。「U-topia」の地盤調査は、第3者専門機関で実施しますので、基礎耐力から構造耐力までトータルに住まいの耐震性や耐力性をご提案することが出来ます。

地盤保証の専門会社ジャパンホームシールド株式会社の地盤サポートシステムに加盟。解析結果をより良く理解するためにお客さまに調査の立ち会いをご案内しています。

ハウスリプロで、
長~いメンテナンスのお付き合い

「U-topia」のメンテナンス部門である「ハウスリプロ」。引き渡し後の定期点検は、住まいを長持ちさせ、快適な暮らしを持続させる必須要素。キッチンやバス・トイレの修繕や外壁の塗り替えなど様々な「住まいの困った」から、オール電化&エコキュート、バリアフリーなど暮らしをグレードアップさせるリフォーム、住まいの安全性を高める耐震補強や省エネ工事など、増改築相談員がご提案いたします。

保険付き住宅瑕疵担保責任保険

「U-topia」は、消費者を保護する新しい法律に対応する「保険付き」住宅です。特に重要な部分である構造耐力上主要な部分や雨水の浸入を防止する部分で瑕疵(かし)が発生した時に、補修費用の一定割合が豊洋を経由して保険法人から支払われます。また万一豊洋に補償能力がなくなっている場合は、お客様から保険法人へ直接保険金の請求ができるようになっています。

U-topia の施工事例